<% content.title %>スポンサードリンク




アウトドア&フィッシ

ング ナチュラム

ルアーでのブラックバス釣りの準備をしよう


ブラックバス釣りは全国各地で盛んですね。

ここでは、ルアーでのブラックバスりを対象にします。

ドバミミズなどでのエサ釣りではブラックバスは死ぬほど簡単に釣れてしまいますから。

ブラックバスは実は白身魚でおいしい魚ですが、季節や釣れた水域の水質に大きく左右されます。

美味しいブラックバスを食べるにはきれいな水域でりをしないと、難しいです。

魚屋さんにブラックバスは売っていませんしね。

ブラックバスを調達出来る手段はりしかない!

さあ、まずは道具をそろえるのですが、その前に身近なり場(環境)をいくつか調べてみましょう。

場の環境と、自分がどんなスタイルのルアーでのブラックバスりがしたいかによって道具が変わります。

場の調査が終わったら具屋に行き、「ルアーブラックバスりたいのですが、道具は何がいいでしょうか」と言って具屋の店員さんに聞きます。

このとき、調べてきた場の環境と自分がやってみたいブラックバスりのスタイルを店員さんに伝えます。

具屋さんを選ぶコツは、ルアーでのブラックバス釣り用のルアーの品揃えがたくさんあるお店です。

スカスカの具屋はハッキリ言ってダメです。

一般的なりの初歩では、竿、糸、針、浮き、エサといったところですが、ここでのブラックバス釣りは餌の代わりにルアー(疑似餌)を使います。

ここでりのマナーの話をしましょう。

大きく分けて、2つあります。

1つ目は環境に対するマナーです。
きれい事を言うのは好きではないので、最低限の話。

「自然に還らないものは捨てない!」

2つ目は人に対するマナーです。
声を掛けられたく無い方もいますので、必ず挨拶とかは言いません。

これも最低限の話。

「その釣り人の邪魔をしない!」

海でも川でも湖沼でもり人のマナー向上をめざしましょう!

ブラックバスはリリース禁止エリアでは持ち帰りましょう!

回収BOXがあるエリアでは、回収BOXに捨てましょう。

条例違反になります。


■スポンサードリンク■






リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
<% content.title %>スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。